主婦の悩み

【不妊治療ブログ】Episode②目指せ妊娠!妊活スタート~タイミング法と転院~

こんにちは!バツ1妊活中のぷっちゃんです。

前回は体調不良から妊活を始めることになるまでを書いたので、今回はEpisode①の続きの妊活スタートから書いていきたいと思います。

Episode①はこちらからどうぞ。

【不妊治療ブログ】Episode①不妊治療の始まり~覚えておきたい基礎体温と婦人体温計~

こんにちは!バツ1妊活中のぷっちゃんです。 妊活中と言っても現段階で既に体外受精をしているので、今までの出来事を思い出して書いていくようなブログになります。 私の場合は原因がハッキリしている不妊だった ...

続きを見る

Episode②-1 妊活スタート~タイミング法~

妊活スタートの最初の診察は採血でした。

採血をしてホルモンの数値などを確認しました。

そこから、足りないホルモンや貧血のために規則正しい生活の指導と週2回の鉄剤注射を始めました。体調不良は病院から処方される鎮痛剤で抑えていました。

基礎体温表を毎日つけて治療と並行しながら生理開始12日頃に病院に通い、排卵日を予測してもらって排卵日前々日と排卵日当日の2回性交日を指定されてタイミング法で頑張る!という習慣になりました。

結果的にこの治療か1年ほど続けました。

共働きだったので、週に2回(貧血持ちで週2で注射が必要だったので通院数が増えました)病院に通うのはかなり大変でした。2日のうち1日を土曜にしても予約不可の病院の為に朝8時に並んで受付をして帰れるのは14時頃・・・。更に不妊について夜な夜な調べて寝不足が続きました。

どんどん疲れていきました。でも毎週2日も会社を早退するわけにはいかないし、事務職なので外回りで病院によることも出来ず、必要な検査をほぼ終わらせるまで10カ月は過ぎていました

月経期に行う検査(ホルモンなど)・低温期に行う検査(卵管通水)・排卵期に行う検査(フーナーテストなど)・高温期に行う検査(ホルモンなど)など思っていたより検査が多く、ベテラン先生だからなのかこれからどんな検査をするかなどを聞いても、「まずは仕事仕事言ってないで言われた日にしっかり病院に来ることが大事なの」と言われていたのでこんなに原因を突き止められず通院が長引くとは思ってもみなかったです。

気づけば1年が過ぎた頃、先生が突然「卵管の通り調べてなかったね」と言い始め検査することになりそこで卵管狭窄または卵管閉塞の可能性があると言われ、更に子宮軽度異形成がこの短期間で子宮高度異形成上皮内癌までステージアップしてしまっていたこともあり転院を進められました。

Episode②-2 妊活スタート~転院~

通っていた病院から筋腫やチョコレート嚢胞など色々ありすぎて、ここでしかあなたの不妊治療はできないよともらった紹介状は「大学病院宛」でした。

私が住んでいるところの大学病院は不妊治療でとても有名な病院だった為、「そこまで難しいことなんだ」と思いました。

大学病院でもまた、卵管造影など詳細を検査され3ヶ月くらいで必要な検査が終わり今後の方針についての話になった時に言われた診断は衝撃でした。

「クラミジアに感染しておそらく卵管閉塞になってしまったようです。更に子宮高度異形成上皮内癌や筋腫などについて3度手術が必要です」

今までのタイミング法ってなんだったの?と泣きそうになったのと同時に不調の原因が分かってホッとしました。

実をいうと、以前の病院で悩みはあるか聞かれたときにお股の調子が悪く、腹部が痛む・たまにニオイが気になるなど相談していたのですが、筋腫とホルモンによって変わるし、よくあることだと言われていたからです。

不調を感じてすぐに受診したので、先生が真剣に聞いて治療してくれれば卵管閉塞は防げていたかもしれないと思うと家に帰って泣いてしまいました。

まとめ

Episode②で皆さんに伝えたかったのは、相性が悪い先生だと治療が無駄に長引いてしまうということと症状が良くならないことで相談しても改善点が上がらない場合は違う病院で見てもらった方がいいということです。

先生に対して感じる不安感や違和感は大事にしてください!

先生にこちらの意思が通じていないと感じられる場合や質問にもしっかり返事をしてもらえていないと感じる場合、どんなに評判がいい病院でも通院時間を無駄にしてしまうだけではなく、不妊治療自体から足が遠のいてしまう人もいます

不妊治療は先生との相性もかなり大事になってくるので、何か所か行ってみて決めてもいいと思います!

また、私は妊活が長引いているけど落ち込んだりしないしポジティブだよね、とよく言われるのですが私の妊活に対しての考えは「詳細を調べない」でした。

なぜかというと私も初期の頃はかなり検査について調べていたのですが、かなり詳しく調べている人のブログなどに行きついて読むと正直テンションが下がることが多かったからです。

まだまだやるべき検査がこんなにあるんだと先が見えない不妊治療と自分はまだまだ勉強不足だとマイナス思考に陥ったり、調べても調べても同じような状況の人はいなかったからです。

「子宮筋腫・チョコレート嚢胞・子宮内膜症・子宮軽度異形成」こんなに同時になっている人の経験談なんて1つも出てきませんでした。転院してからは次にやる予定の検査がどんな検査なのかくらいを簡単に調べたり体験談を読んで、後は先生に任せて疑問やこれからについては先生に直接聞くようにしてストレスを溜めないようにしました。

治療に対してもこれをやればステップが一つ上がっていくんだ!という感じでポジティブに受けられるようになりましたよ!

しっかり説明してくれる先生ならより一緒に頑張ろうという気持ちにもなれますし、逆に詳しく聞いて説明してくれない先生の場合は転院した方がいいと判断することもできます。

考えすぎたりストレスを溜めることは妊活にとって1番良くない事です!相性のいい先生を見付けて、上手くいけばラッキーの精神でやっていきましょう。

Episode③はこちらからいけます。

【不妊治療ブログ】Episode③子宮上皮内がん「子宮頚部円錐切除手術」

こんにちは!バツ1妊活中のぷっちゃんです。 今回は転院後の「子宮頚部円錐切除手術」について書きたいと思います。最後に入院中にあればよかったモノもまとめて紹介するので、これから入院・手術予定の方は参考に ...

続きを見る

 

↓ブログランキングに参加しています↓


人気ブログランキング

 

 

 

 

-主婦の悩み

Copyright© ぷっちゃんブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.