ペット

【犬ちゃんの去勢手術②】去勢手術後1日目から抜糸まで

こんにちは!バツ1妊活中のぷっちゃんです。

今回は先日去勢手術をした犬ちゃんのその後の様子を紹介いたします。

去勢手術当日についてはこちらをどうぞ。

【犬ちゃんの去勢手術①】術後当日の様子とエリザベスウェア

こんにちは!バツ1妊活中のぷっちゃんです。 我が家では犬ちゃんを1頭飼っております。男の子3歳8ヶ月なのですが未去勢でした。 健康な体にメスを入れることへの罪悪感があったからです。 ですが、犬ちゃんが ...

続きを見る

去勢後のメリット

以下が去勢手術後のメリットだそうです。

術後のメリット

・放浪やケンカなどの行動を抑える
・攻撃性の低下
・マーキングやマウンティングの改善
・肛門周囲腺腫という腫瘍の発生率を低下させる
・前立腺の病気(前立腺肥大など)の発生率を低下させる
・会陰ヘルニアを予防できる
・精巣腫瘍を予防できる

マーキングや喧嘩の行動はかなりの割合で抑えられるといわれているようですが、犬によっては効果がない場合もあるそうです。

術後翌日~術後5日目の傷口確認~抜糸まで

下記の術後に気を付けることを守りつつ抜糸まで過ごしました。

術後に気を付けること

1 傷口はなめさせない
傷口をなめさせると、そこから菌が入り化膿することがあるの要注意。
2 傷口は濡らさない
傷口は濡らさないようにする。シャンプーは手術の前日までに済ませ、雨の日は散歩を控える。
3 傷口に負担をかけない
散歩以外のお出かけは控える。抱っこするときに傷口に触れないようにする。

ここから抜糸までの日々を書きます。あまり変化はなかったのでサラッとお話しします。

術後 翌日2日目

手術当日からでしたが、我が家の犬ちゃんはとにかく元気でした。

散歩も通常通りに行きたがりました。少しの変化があったとすれば、犬ちゃんは散歩中楽しくなってくると走り出すのですが手術翌日はあまり走りませんでした。散歩に出るまでは本当に普段通り過ごしていて、もしかして手術したことに気付いていないのかもしれないと思っていたので、違和感か少しの傷みはあるんだなと思いました。

元気に翌日からお散歩する犬ちゃん

うんちやおしっこも通常通りしたくなったら窓を叩いて教えてくれ、窓を開けてあげると自分で出て行って用を済ませたら自分で窓から帰ってくる、という通常運転でした。

ご飯も手術前から味に慣れるように去勢後のごはんを混ぜてあげていたので問題なく美味しそうに食べていました。事前準備は大事ですね!

術後3日目~5日目

術後3日目から散歩中に走りたがるようになりました。

傷口への負担を考えて術後3~5日は走ろうとしても走らせないようにしました。チワワなので、普段から膝のことを考えて走りたがっても短距離にとどめているので、止めれば走るのをやめてくれる子で助かりました。散歩は30~40分くらい歩きました(普段は1時間くらい散歩します)。

傷口を気にしている様子は一切なし!1度も傷口を舐めようとしたり、服を脱ごうとしたりしませんでした!やっぱりエリザベスウェアは犬ちゃんも普段通りに過ごせて傷口もガードしてくれているので安心です、本当におすすめです

5日目の病院での傷口チェックもキレイに治ってきていました。この頃まで相変わらずマウンティングもしていました。

術後6日目~9日目

6日目には長時間(7時間)お留守番しましたが、出先からカメラを確認してもいつも通りスヤスヤ寝ているか遊んでいました。

留守番も普段通りの犬ちゃん(Furbo)で隠し撮り

7.8.9日目は散歩時間を手術前の1時間に戻しました。手術前と変わらずスタスタと疲れている様子もなくしっかり歩いていました。

この頃から気になったのが、ものすごくビビりになりました。以前は知らない人に近づいていきますし、触られても気にしない感じだったのですが誰かが近づいてくると逃げるようになりました。もともと吠えない犬なので逃げるだけで吠えたりはしません。

また、マウンティングをしなくなりました。結構大人になってからの去勢だったので期待していなかったのですが、やらなくなったのでクッションとかが汚れなくなりました!

術後10日目 抜糸

抜糸だけなら大体の病院は予約なしでいいそうなのですが、抜糸ついでに狂犬病注射やフィラリアのもしてもらいたかったので予約もして病院に向かいました。

いよいよ抜糸です!今まで注射も割とスムーズにできる子だったのですが、抜糸は怖いようです!聞いたこともないような「キュン、キュイン!」となんともかわいそうな声で抜糸を嫌がっていました。私は診察台の近くに立っていたのですが何度も助手の方の手からもがいてこちらに逃げてこようとする仕草に胸が痛くなりました

獣医さんが言うには抜糸はチクチクと痛むそうです。最終的にくぼみがあるクッションに寝かせて頭をなでながら「よしよし、大丈夫だよ、いい子だね」と顔を見ながら声をかけると目に涙を浮かべながら大人しくしていたので抜糸が1番手術なんてしてごめんね!と思いました。

その後はいつもは全く問題がなかった狂犬病の注射なども嫌がるようになっていたので、同じ日にしなければ良かったなと思いました。

抜糸後は抜糸前と同様に2~3日は傷口を舐めさせないように、濡らさないようにしてくださいとの事だったのでまたエリザベスウェアを着させて帰宅しました。

抜糸2~3日後からシャンプーもOKだそうです!

手術を通して感じたこと

犬の去勢手術後についてのケア情報や実際のブログなどを読んで勉強しておいて良かった!と思いました。

事前準備を結構しっかりとしていたのですごく困ることもなく安全に過ごせました。

エリザベスウェアを購入しておいたことで、ごはんと水のあげ方やケージの入り口に工夫がいらなかったことも楽ちんでした。犬ちゃんも普段通りなのでストレスを感じている様子もなかったので本当に良かったです。

余談ですが、我が家の犬ちゃんはめちゃくちゃ散歩好きで2時間くらい散歩したがります。小型犬と暮らしている友人や本屋さんで販売しているチワワの育て方などを購入して読んでもすぐ疲れるので抱っこしてあげましょうとか書いてありました。最初は脚に負担がかかっているんじゃないかとすごく不安でしたが、病院に相談したら「たくさん走らせなければ大丈夫ですよ、珍しいけど健康でいい事だと思います」と言われ安心して散歩しまくっています!

 

 

おすすめの犬用ブラシのブログも良ければどうぞ。

愛犬のブラッシングと効果・頻度・おすすめブラシ「ファーミネーター」を使ってみました

こんにちは!バツ1妊活中のぷっちゃんです。 本日は、愛犬のブラッシングについて紹介したいと思います! ブラッシングの効果や頻度、おすすめのブラシをご紹介したいと思います。 我が家の犬ちゃんはブラッシン ...

続きを見る

↓ブログランキングに参加しています↓


犬ランキング

-ペット

Copyright© ぷっちゃんブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.