主婦の悩み

【不妊治療ブログ】Episode⑨自己注射研修を経験した感想

注射器を持つナース

こんにちは!結婚2週目妊活主婦のぷっちゃんです。

前回の不妊治療専門クリニック初診で次回の診察から採卵をする流れに入るので、自宅で自分に注射をする「自己注射」=手技を会得しなければいけない事が分かりました。

今回は、自己注射の手技を会得する研修会について書きたいと思います。

↓前回の不妊治療クリニック初診についてはこちらからどうぞ!

診察される写真
【不妊治療ブログ】Episode⑧不妊治療専門クリニックの初診内容

こんにちは!結婚2度目の妊活主婦ぷっちゃんです。 今回は前回のEpisode⑦セミナー受講後の不妊治療専門クリニックでの初診について書きたいと思います。 Episode⑦はこちらからどうぞ↓ 不妊治療 ...

続きを見る

当日のスケジュール

私が通院するクリニックでは、1週間のうち1曜日14時~しか手技研修を行っていなかったので当日は午後半休を貰って出席しました。プラス料金を払えばマンツーマンで教えてもらえるようですが、通常の8人くらいが出席する研修を予約しました。

勉強する女性

① どんな自己注射の種類があるか

② 注射の器具の名称と説明

③ 注射器の組み立て方

④ 注射器に入れる薬剤の作り方

⑤ 注射器を組み立てて薬剤を注射器にセットするまでの流れ

⑥ ②~⑤を実技

⑦ 注射の打ち方

⑧ ⑥で作った注射を実際にスポンジに打ってみる

⑨ 注射器を組み立て薬剤を作り、注射器にセットして看護師さんに見られながら実際に自分に注射を打つ

⑩ 不安な人は繰り返しお代わり実習

上記の内容を2時間くらいで勉強しました。もっと人数が少ない場合は1時間半くらいで終わるのかな、という内容でした。

注射の手順

注射を始める前に

1.手を洗う

2.必要物を用意する

《必要物》

・消毒綿

・注射器

・準備用注射針(薬剤を吸い込む時用)

・皮下注射用針

・注射用薬剤

・絆創膏

3.注射器の準備をする

キャップをした状態の注射器

袋から出して、針と注射器の接続部分に触れないよう組み立てる。組み立てたら注射する際に押し込む内筒を動かしておくと、この後の作業で稼働がスムーズになり楽になりました!

注射薬の準備(アンプルの場合)

私が、自己注射研修を受けた際は、アンプルは2本あり、1本目は溶解液・2本目は粉の薬剤の場合を勉強しました。

参考元:岩田硝子工業(株)http://www.iwataglass.com/products/ampoule/

※アンプルは注射剤を入れる一種でガラスの密閉容器です。岩田硝子工業さんのホームページで詳しく説明されているので、ご興味がある方は検索してみて下さい。

1.アンプル上部に薬剤が入っていないか確認。薬剤が入っている場合は、指先で上部をトントンと叩くと下に落ちます。

2.ガラスで手にケガを負わないよう消毒綿でアンプルを拭いた後、そのまま上部を消毒綿で覆った状態で自分の反対側にアンプル上部の細い部分を倒して折る。パキンっという音で簡単に折れます。

3.注射器でアンプルの中の溶解液を吸い込む、そしてもう1本のアンプル(粉)に吸い込んだ溶解液を注入して薬剤を溶かし、薬剤が溶けた溶解液をもう一度注射器で吸い込む。

4.薬剤を吸い込んだら準備用の注射器から皮下注射用針に付け替えて、針を上に向けた状態で注射器の中の空気を取り除く。注射器自体をたたくより、注射器を持っている手首をトントンとたたく方が簡単に空気が抜けましたよ!

5.空気が抜けたら、針先から1~2滴出るまで内筒を押し込み準備完了!

注射薬の準備(バイアルの場合)

バイアルは、下記のイラストのようなフタ部分がゴムで他はガラスでできている薬剤の入れ物です。アンプル(溶解液)+バイアル(粉薬剤)の場合も私は練習しました。バイアルの方が、ゴム栓でふさいであるところに注射針を差し込んで薬剤を吸い込むので、空気抵抗があり難しかったです。

バイアルのイラスト

 

1.アンプルの場合の1.2と同じです。

2.アンプルから溶解液を吸い込んだら、バイアルのゴム栓に垂直に針をさしこんで溶解液をゆっくりと注入する。薬剤が溶けていることを確認したら、バイアルを傾けて薬液を注射器へ吸い込みます。

3.準備用の針から、皮下脂肪注射用の針に付け替えて針を上に向けた状態で注射器の中の空気を取り除く。注射器自体をたたくより、注射器を持っている手首をトントンとたたく方が簡単に空気が抜けましたよ!

4.空気が抜けたら、針先から1~2滴出るまで内筒を押し込み準備完了!

注射の方法

お腹に注射する女性

1.注射部位を決めて、消毒綿で消毒する。部位はおへその周り5cmを避けた下腹とへそより下の左右の脇腹です。

2.注射器のキャップを外し、利き手で注射器を持ちます。

3.反対の手で注射部位をつまんで、つまんだ皮膚の真ん中に針をしっかり最後まで刺しこむ。

4.親指で内筒を外側にひいて血液の逆流がない事を確認したら、薬液を全て注入し10秒数えてから針を抜く。

5.注射部位は消毒綿で抑えた後、揉まずに絆創膏を貼っておしまいです。

自己注射のポイント

自己注射研修は全てのホルモン調整薬に対応できるように、全てのパターンで応用できるように教えられます。ですが、採卵方法によって薬剤の容器(アンプル・バイアル・ペンタイプ)が変わるので、研修内容はしっかり聞いた方がいいです。

《自己注射のポイント》

●薬を作るところからなので、時間は多めに見ておく

●必要物を机の上に用意する場合は、滑らないように布やティッシュを引いていた方が安定していて良かったです

●注射器の気泡を抜く時は、注射器を振ったりせず注射器を持つ自分の手首をトントンとたたく方が簡単

●針はしっかりと根元までさしこむ

●薬剤を早く注入するとピリピリと痛み、ゆっくり注入するとあまり傷みは感じない

●へその下あたりの下っ腹に注射すると筋肉があるからなのか、なかなか針が入らず痛いです。脂肪があるぷよっとしたところにさす方が痛くないです!

自己注射研修は自分と同じような悩みを持った人たちと交流できる場です。

不妊治療クリニックは、患者さんに声をかけていい雰囲気ではないところがほとんどです。みんな静かに順番を待っていますし、明るく話すような治療内容でもないのでシーンとしていますよね。

そんな通院環境の中で、自己注射研修はみんなで分からないところは教え合ったりするので、同じように頑張っている人と触れ合える良い機会です。私はマンツーマンより何人かと一緒の研修に参加して良かったなと思いました。

不妊治療ブログ⑩はこちらから読めます↓

赤ちゃんの足写真
【不妊治療ブログ】Epispde⑩初めての採卵「アンタゴニスト法」

こんにちは!結婚2度目の不妊治療主婦ぷっちゃんです。 今回は、不妊治療開始から初めての採卵にすすんだ時のことをまとめます。 採卵で検索すると、痛いとかあまりよろしくない情報が出てくるので、正直かなりビ ...

続きを見る

 

↓ブログ村とブログランキングに参加しています↓


健康と医療(不妊)ランキング

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

 

 

-主婦の悩み

Copyright© ぷっちゃんブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.