おすすめアイテム

正しいマスクの付け方外し方!見えないマスクでプラスαの対策を!

こんにちは!バツ1妊活中のぷっちゃんです。

本日は、正しいマスクの使用方法とスプレータイプのマスクを使用したプラスαの対策をご紹介いたします。

最近テレビで堂々と偏ったマスクの使用方法が紹介されていますので、テレビの知識に惑わされず使用方法を読んで正しくウィルス対策しましょう

マスクの裏表と正しい付け方と外し方

マスクをつける前にマスクの上下、裏表についてお話します。

マスクの上下は鼻部分のワイヤーが入っている方が上です。

裏表は商品によって異なりますテレビではヒモ接着部分が外側に来るように付けるのが正解と言っているニュースがたくさんありますが、ヒモの接着部分が外側にくるマスクが全てではありませんのでマスクの使用方法を確認して使用してください!

使用方法がよく分からない場合はプリーツタイプのマスクならヒダが下向きになるように、上下から中央に向かって対照的にプリーツが付いているマスクは開いた際にプリーツが山型になっている方が表になるよう装着してください。

それでは、マスクの正しい付け方と外し方を紹介します。

マスクの正しい付け方とプラスα

① 鼻、口、あごを覆うように広げる

② 鼻部分を鼻すじにフィットさせる

③ ゴムひもで耳にしっかり固定する※ここでゆるゆるだったり、耳が痛い場合は合わないマスクです!

④ フィットするよう調節する

更にプラスして顔全体にウィルスの付着を防ぐスプレー(スプレーマスク)をかければウィルス対策はばっちりです!※詳細はウィルスは静電気で寄ってくるを見てください。

マスクの表面には、病原体がついている可能性があるので、使用中はあまり触らないようにします。
触った手で、眼などをこすらないようにしてください。

マスクの正しい外し方

① なるべくマスクの表面を触らないように、片耳のゴムひもを持ち、顔から外す

② 反対側のゴムひもを持ち、顔からはずす
※ゴムひもの部分だけを持ち、マスクの表面には触れないよう注意します。廃棄するゴミ箱は蓋つきのゴミ箱にしましょう!

③手を洗う又はアルコール消毒する

ウィルスは静電気で寄ってくる!

身体に静電気が溜まっている人ほど、ウイルスを引き寄せやすくなります

静電気を溜め込んでいる体がホコリ、花粉のみならず、ウイルスも寄せ付けてしまいます。お肌の弱い方などはホコリにアレルギーが出て肌荒れの原因になりますし、また空気中に飛ぶウィルスが付着し病気が発症することも。

静電気を帯びた体ががウィルスを引き寄せてしまうのはなんとしても防ぎたいですね。

水分を含んだスプレーや静電気を抑制するスプレーをマスクの上から振りかけることで「スプレーでウィルスを付着させにくくする→付着してしまってもマスクで防ぐ」2重でウィルス対策ができるのでより安心です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

マスクは感染による疾病のリスクを完全に防ぐものではなく、簡易的なウィルス対策です。

それでも正しく着用しないと意味がないものになってしまうので、せっかく手に入れた大事なマスクはしっかり正しく使用して下さい。

またマスクは簡易的な予防の1つです。手洗い、うがい、静電気対策など、ほかの基本的な予防も忘れずに行って、より感染しにくい環境作りを心掛けていきましょう!

下記では簡単なマスクの作り方を紹介しているので良ければどうぞ!

手作りマスク
【人気】手縫いで簡単マスク!無料型紙で作るフリーハンド手作り立体マスク

こんにちは!バツ1妊活中のぷっちゃんです! 全然購入できないマスク、出かける先はマスク着用を促す張り紙や、病院なんてマスクを着けていない人は入らないで下さいと拒否している所もあります。やっと見つけたと ...

続きを見る

↓ブログランキングに参加しています↓


人気ブログランキング

-おすすめアイテム

Copyright© ぷっちゃんブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.